社長ブログ

あれから6年

今日は3月11日、東日本大震災から6年が経ちました。

あの日の高松は、今日と変わらぬ良い天気だったと記憶しています。



今日は全国各地で慰霊行事がおこなわれるようで、

犠牲になられた方への鎮魂の祈りがささげられます。

犠牲になられた方、ならびに被害に遭われた方、心よりお悔やみ申し上げます。



私は所属している同友会の方々のご尽力もあって、

被災地へ何度か行くことができました。



原発の影響で立ち入り禁止区域になっている福島県の「浪江町」や

「南相馬市」、宮城県の沿岸部「気仙沼」にも行きました。



その時の記憶は今も鮮明に覚えており、これが同じ日本で起こったことかと

何度も目を疑う光景が広がっていました。









被害に遭われた方々と話をすると、皆さん同じようにおっしゃいます。

「帰ってもこの時の話をして、この光景を忘れないようにしてほしい」と。



喉元過ぎればとよく言いますが、何気ない日常に戻ると人間はすぐに忘れます。

香川県は「南海トラフ地震」の脅威にあると、常に意識しているつもりでも、

やはりすぐ忘れてしまいます。



改めてそのことを意識すると共に、防災意識を高め、有事に際しての備えをしたいと思います。

6年前に起きたあの時のことを忘れないよう、今日1日を目一杯生きたいと思います。




明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。



2017年がスタートして1週間、いかがお過ごしでしょうか。

今年はトランプ次期大統領に世界中から大きな注目が集まっているようですが、

一体どのような一年になるでしょうか。



弊社は今年の春に4年目を迎え、酉年とかけてさらなる飛躍の年と位置付けています。

まだまだ未熟でありますが、社員共々どうぞ宜しくお願い致します。



さて、年始から様々なニュースがありましたが、私個人として注目していたのは、

築地市場の初競りです。

昨年お会いした「すしざんまい」の木村社長がまたやってくれました!!



築地での最後とみられる今年の初競りで、一番マグロをなんと7420万円で落札!!

11月にお会いした時には冗談で「社長、お願いしますよ」と言っていましたが、

本当にやってくれるとは思いませんでした。笑



木村社長は今月27日に、我ら香川県中小企業家同友会の年詞会へお越しいただき、

その際にご講演をいただくことになっています。

まだ若干の参加は可能のようなので、経営者の方や後継者の方は是非お越しください!




木村社長の紹介を簡単にさせていただくと、10代の頃は航空自衛隊に入隊され

パイロットだったそうです。それが目を悪くされ、自衛隊を退官。

法律家になろうと大学へ入学されます。



その際にアルバイトで働いていたのが築地で、今の水産業へ進むキッカケとなりました。

その後独立し、カラオケ店やお弁当等の事業をなんと90もされていたそうです!

それらを絞り最終的に残ったのが、今の「すしざんまい」になるそうです。



木村社長は初競りのインタビューで、豊洲問題を抱えたの都政に対して答えている場面があり、

「仕事はロマンがないといかん!なんのためにやってるの?」と言われていました。



昨年お会いした時にも同じようなことを直接言われました。

年明けでまだエンジンがかかっていなかった私にとって、頭を殴られた衝撃がありました。



初競りのマグロは一貫に換算すると、およそ5000円にもなるそうですが、

「お客様に美味しいものを食べて欲しいから」と笑いながら話す木村社長は、

通常と変わらない値段でお客様に提供され、昨日は終日行列ができていたそうです。



木村社長の姿を見て、改めて経営者として何をすべきかを考えさせられました。

まだまだ大きなことはできませんが、今の自分の精一杯をやり続け、

お客様や地域の方に喜んでいただく会社にしたいと改めて思いました。



2017年は すしざんまい!

しばらくブログを更新しない間に、またひとつ歳をとりました。

ほぼ言葉のお祝いwwどうもありがとうございました。



30台後半になっても「おめでとう」と言われるのは嬉しいことです。

両親に感謝すると共に、周囲の皆様方にも本当に感謝しています。ありがとうございます。



さて、先日久しぶりに東京へ行ってきました。

ブログは更新していないものの、実は今年もすでに色々なところへ行ってきました。



中四国はもちろん、九州、近畿、北陸そして関東等の各所へと行かせてもらい、

国外では9月にフィリピンへ行ってきました。(これらの話はまた後日のブログで)



そして、先週は東京の築地にある株式会社喜代村の木村社長へお会いしてきました。

ご存知ですか? そう、あの「すしざんまい!」でお馴染みの木村社長です。





来年の年明けに、所属している香川県中小企業家同友会の年詞会がありまして、

その時の基調講演としてご登壇いただくことになったんです!



企画当初は、まさか引き受けてくれるはずがないとダメ元で連絡をしてみたら、なんとOK!

関係者一同、信じられないといった表情でした笑



そこで打ち合わせ日時を設定し、手土産のうどんを持ってw

築地にある株式会社喜代村さんへ。


この時ビックリしたのが、本社受付で緊張しながら名前を告げて待っていると、

なんと後ろに木村社長がいらっしゃる!ww 社長自らご案内していただきました。



木村社長はとても気さくな方でありながら、誰とも知らない私達の話をきちんと聞いていただき、

社員の皆さん方と変わらない丁寧な姿勢で、私達を持て成してくれました。



折角なので木村社長のことについて少し触れておきます。

木村社長は学生の時に自衛隊へ入隊され、パイロットを目指しておられました。

しかしながら目を悪くされたためにその道を断念し、その後中央大学へ入学。

法学部を経て法律の道を志しているその矢先、アルバイトとして築地で働きはじめ、

それが今の漁業の道へ進むことになっていきます。

これまでに70もの業態の仕事を経験し、現在の「すしざんまい」の店舗数は約50。



マグロ大王と言われるほど、マグロの初セリのニュースは有名で豪快なイメージの木村社長。

それ以外でも「ソマリアの海賊」の話はとても有名で、今回の公演でもその話をお願いしました。

詳しくはこちらをご覧ください。


この打ち合わせ前に「すしざんまい」さんのお店に寄ってから本社に伺ったのですが、

社員さんどの方に木村社長のことを聞いても、皆さん笑顔になるんです。



「社長は本当に元気な人ですよ!!」とか「社長は子供みたいな人ですよ」とか、

ベテランさんからパートさんまで、皆さんに好かれているんだなぁというのが伝わってきました。



「とにかく元気に働くこと! 明るく楽しく元気良く!」

「経営で一番大事なことは、ごまかさないこと」

「儲かるためにはお客様に愛されること!」




まだまだ多くの言葉をいただきましたが、

打ち合わせ一時間で、本当にたくさんの学びをいただきました。

木村社長、ありがとうございました。





2017年1月27日(金)高松国際ホテルにて

限定400名で年詞会を行います。



同友会の入会資格が参加条件になりますが、

興味のある方は一度お問い合わせ下さいませ。



経営に対する気付きや学びがてんこ盛りです!

多くの方のご参加をお待ちしております。




3年目に突入!

今日から弊社は開業3年目になります。


これまで多くの方にお世話になりました。ありがとうございました。




振り返るとあっというまの2年間でした。


とにかく経営していくことに必死で、全力で走り続けてきました。


3年目ぐらいになると落ち着いてくるかなって思ってましたが、


まだまだ全然ですね笑 この一年も目一杯走り続けていきたいと思います!



弊社は今、新しい事業にチャレンジしようとしています。


本来なら今日には報告できる予定でしたが、諸事情のため少し延期になりました。


今週中には改めて報告させていただきます。




内容としては、おおよそ不動産業者がやるようなことではありませんが、


自社の理念である「笑顔あふれる明日の街づくりを追求します」に沿った、


とても意義のあることだと思っています。




本来であれば、会社の基礎を築くためにしっかり腰を据えて本業を…なのかもしれません。


しかし、それでは自社のことを考えているだけで、私は違うと思います。




地域に根ざす中小企業であれば、地元に必要とされることを目指さないといけないと思います。


それは1年目の企業でも100年目の企業でも、大なり小なりやるべきではないかと思います。


納税と雇用だけでなく、誰かのために何かをすること、これを外してはいけないと思います。




ライブイノベーションは今期も自社の経営理念の実現に向けて、スタッフと共に走り続けます。


改めて、宜しくお願い致します。


奈良県で報告をさせていただきました

3月に入り少しずつ春の訪れを感じるようになりました。
今日は珍しく出張の移動中にブログを更新しています。



昨日は同友会青年部メンバーと共に奈良県へ行ってきました。

奈良県中小企業家同友会青年部さんの「ウェルカム例会」に、パネルディスカッションの一人としてお声掛けしていただき、50人の皆さんの前で約1時間の報告をさせていただきました。



パネラーとして一緒に登壇したのが「イベント21」の中野愛一郎社長。共に県青年部のトップとして切磋琢磨している仲間であり、友人であり、尊敬する経営者の一人です。

いつも「愛ちゃん」「松ちゃん」と呼びあう仲で、年に何度も顔を合わせ、その度に夜遅くまで経営談義に花を咲かせます。愛ちゃんからは今までたくさんのことを学ばせていただき、会社を訪問させていただいたこともあります。
イベント21さんのホームページはこちら
http://event21.co.jp




そんな素晴らしい経営者の中野さんと、まだ2年目の未熟な私が、約1時間の報告と40分の質疑応答を昨日やらせていただきました。
私の話がどこまで皆さんの参考になったのかは分かりませんが、一番学んだのはやはり私でした。



今回のパネルディスカッションを行うために、事前に2度もじっくりと打ち合わせを行い、自己と自社紹介のプレゼンを用意して、当日にも改めて打ち合わせを重ねて本番に臨みました。

参加者の方々にとって、どんな質問がいいのか、それに対してどんな回答や深堀りをしていくのか、奈良青年部の今回の例会に関わった方々と共に考え、また自分や自社を見つめ直しさらに深く掘り下げていくことができ、とても素晴らしい経験と学びを得ることができました。

加えて、真横で中野さんの報告を聞くことができたことも、普段経験することのできないとてもいい学びでした。まさに役得ですね(笑)



来週は福岡にて、報告をさせていただくことになっています。次は単独で、もう少し大きな規模になりそうですが、一週間しっかりと作り込みを行い、本番に向けて準備をしたいと思います。



今月はお引越しシーズンであり、我々の業界では「繁忙期」と言われ、お客様がとても多い時期です。

この時期に2度3度と県外で報告をさせていただく話をいただき、一度は延期してもらおうとも考えていましたが、これも自分の成長のチャンスだと思いお受けさせていただきました。

限られた時間の中で、しっかりと売上利益を上げるのは本当に大変なことですが、1日一時を無駄にせず、目一杯チャレンジしていこうと思います。




全国から1,350名の経営者が香川に集結!

先週の2月18日、19日と、全国の経営者約1,350名が香川へ集まりました!

同友会の今年度最後の全国行事である「中小企業問題全国研究集会」in香川が

2日間にわたって、香川県高松市にて盛大に開催されました。




昨年より1年間、全国の皆さんをお呼びする「動員担当」というお役をいただき、

時間を作って東へ西へ奔走していたのが、この全研に多くの方をお呼びするためでした。




当初は目標動員である1,150名(内、県内400名)の動員はとてもハードルが高く、

無理ではないかと言われていましたが、結果1,400名近くの参加申し込みがありまして、

とても盛会に終えることができました!! 参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!!



2日目のうち、1日目は参加者それぞれが分かれて学び合う「分科会」形式になっています。

我々香川青年部は「見学分科会」として、広野牧場さんの経営するジェラート店「MUCCA」さんと、

隣接する「森のいちご」さんを見学して体験しながら学ぶ、という分科会を開催設営しました。





初めての試みでしたが、みんなで数ヶ月前から協力し合い、参加者の皆さんにとっては、

とてもいい学びがある、見学分科会になったのではないかと思います。

参加者アンケートのフィードバックが楽しみです。




その後の懇親会では、おか泉の岡田社長が壇上でうどんを打たれ、

参加している多くの方々は、初めて生でうどんを打っているところを見学され、

貴重な体験をされていました。岡田社長、素晴らしいうどん打ちをありがとうございます!





2日目は全体会、私が尊敬する「徳武産業株式会社」の十河孝男会長が、

参加している全国の経営者に対し、力強い報告をされていました。




十河会長は、香川青年部の設立記念例会でもご講演をいただいたことがあり、

私は「徳武産業」さんの経営計画発表会にもお招きいただいたご縁があります。

私の父親も以前から親交があり、これまで大変お世話になってきました。




十河会長のご講演は、何度聞いても心打たれるものがあり、

改めて会長のような経営者を目指したい! と強く思い、涙を拭きました。




この一年、全国色々なところへ行かせてもらい、本当に多くの経験をさせていただきました。

「あれだけ飛び回って忙しいね!」とよく言われましたが、この一年の経験は、

普通の3年、いや5年分を一気に得たぐらいの大きなものでした。




香川同友会の皆様、全国の皆様、関わっていただいた皆様、そして社員の皆さん、

本当にありがとうございました!!

この機会で得たものを何倍にもして、しっかり実践し、恩送りしていきたいと思います!!



名刺が届きました!

日本に大寒波が訪れている今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

今年は繁忙期といえども、できるだけ更新していきますよ! ハイ!



今年は暖冬になるとの予想を覆し、今日は何10年に一度の大寒波だとか

四国でも20㎝以上の積雪と言われておりましたが、結局雪は降らず終い…

大人は安心しましたが、子供達はがっかりですかね? (笑)



そんな激寒の中、佐川急便のお兄さんが弊社に荷物を届けてくれました。

それがこれ! 待ちに待っておりました!





何かわかります??

これは「瀬戸内国際芸術祭」の協賛企業の名刺なんです!!



ホームページのトップにもバナーを貼っていますが、実は協賛企業なんですよウチ!!

まぁ、かと言って何があるわけでもありません (笑) 名刺つくるのも自前ですしね(^_^;) 



それでも、せっかくの県を上げてのイベントですから、地元企業として少しでも応援したい!

その一心で、微力ながら協賛させていただきました。



前回の瀬戸芸は推定ですが約100万人の来場があったそうです!

中には何度も来られた方々もいらっしゃいますが、それでもすごい数だと思います。

香川県にこれだけの観光客が来ることって、そうそうありませんからねー



今年は「瀬戸内国際芸術祭」を目一杯応援することが、弊社と私の目標です!

弊社の経営理念である「笑顔あふれる 明日の街づくりを追求します」をさらに実践し、

元気で賑わいのある街づくりができるよう、頑張っていきます!



今年は積極的に、瀬戸芸に関するブログを更新していきますので、お楽しみに( ´ ▽ ` )ノ










(実はブログネタができて安心していることは内緒ですwww)


あけましておめでとうございます

新年、あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。




本日より、2016年の営業を開始することができました。

今年は開業3年目の節目の年を迎え、より一層精進していく次第です。




1月から春までのこの時期は、お引越しシーズンでお店が賑やかになります♪

新築物件も多いこの時期は、新生活をお考えの方には絶好のタイミングです。



スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

お部屋探しや住み替えなど、何でもお気軽にご相談くださいませ。



2015年もありがとうございました

2015年も残すところあとわずかですね。
今年もたくさんの方々にお世話になりました。ありがとうございました。

年末の慌ただしさで、ブログの更新もできないままですみません。
来年はもう少しこまめに更新していきます。

2015年に出会った多くの皆さん、2014より以前から支えて下さっている皆さん、
改めて、本年も大変お世話になりました。

来年は創業3年目の節目を迎えます。社員のみんなと共に精一杯社業に邁進して参ります。
2016年もどうぞよろしくお願い申しあげます。

松野 誠之  合唱



東京・山形での学び その1

今年も各地へ出張に行くことが多い一年でしたが、

年末まで、まだ何度か出掛けることになりそうです。



今回は東京と初の山形へ行ってきました。

東北はあと秋田と青森を残すのみとなりました。



東京は企業と客先訪問のために滞在しておりましたが、企業訪問はとてもいい経験になりました。

今回お邪魔させていただいたのは「株式会社ティーネットジャパン」東京本社です。



香川の誇る地元の超優良企業ですが、建築関係の業種なのでご存知でない方も多いとか。

先日は高松市の本社へお邪魔しまして、今回は東京本社へ伺わせていただきました。



わざわざ会長室に通りしていただき、私と同世代の高橋常務と大西室長にお会いしました。

すぐ目の前にはレインボーブリッジとお台場フジテレビ、田舎者は興奮してしまいました(笑)


私が所属する同友会青年部の1月例会の場で、ティーネットジャパンの高橋会長にご登壇いただくのですが、

その打ち合わせの中で、東京本社にて高橋常務とお会いしたいとお願いし、実現した次第です。



高橋常務も大西室長も大変お忙しいところ、快くお会いして話をさせていただくことができ、

私や青年経営者が抱える経営課題を中心に、色々と質問をさせていただきました。



会長にお会いした際もそうでしたが、年商300億円を超える大変スケールの大きい話の反面、

一人一人の社員さんをとても大切にされていることを、東京でも改めて学びました。



「自社のウリは社員の人柄」と会長と同じことを常務も室長もおっしゃいます。

「社員の声を聞いてやりたいことをやらせる」簡単に聞こえますが、これが本当に難しい。



「お客様から、おたくの社員さんは人柄が良いね、と言われると嬉しい」と語るお二人は、

本当に社員さんを大切にされているんだなぁと感じました。



高松・東京ともに社内を拝見しましたがとても雰囲気がよく、社員さんは楽しんで仕事をされていました。

社員さんを想い、社員さんを喜ばせることを本当に実践されているんだなと感じました。


高橋常務からいただいた印象的な言葉として「同友会だけでなく、日本全国や世界からもっと広く学ぶべき」

「ビジネスとして海外を経験することは、経営者としての視野や考えが広くなる」

「広い視野で物事を見て、常に時代の先端に立つことが経営者として絶対必要なこと」と言われました。



過去、そびえるまでに存在していた地元の大手企業が消滅してしまった現在において、

我々青年経営者はどこを目指して進んでいくべきか、改めて考えるきっかけをいただきました。



高橋常務、大西室長、今回は本当にありがとうございました!

早速、世界を見て自分の視野を広げると共に、青年経営者としてもっと高みに挑戦したいと思います。