自宅の賃貸化ってどういうもの?メリットとデメリットを知りたい! | 香川県高松市のライブイノベーション
TOP
不動産売買お役立ち情報
不動産売買Q&A
メニュー
電話
メール
LINE

不動産お役立ち情報

自宅の賃貸化ってどういうもの?メリットとデメリットを知りたい!

2020.08.27

「住み替えを検討している」「転勤が決まり家を手放すことになった」などの諸事情によって住み慣れた自宅を離れなくてはならない方もいらっしゃるかと思います。では、その誰も住まなくなった自宅はどうすればいいのでしょうか?空き家のまま放置するわけにもいきませんから、まだまだキレイな状態なら賃貸物件として貸し出し、有効活用するという方法もあります。

 

自宅を賃貸に出す際は契約内容に注意しよう

自宅を賃貸に出すケースは様々ですが、大きく2種類に分かれます。「一旦は自宅を離れるが、数年後にはまた戻ってくるケース」と「もう自宅に戻る予定がないケース」。この2種類、「賃貸に出す」という同じ目的であっても、それぞれ契約内容は全く異なります

 

「一旦は自宅を離れるが、数年後にはまた戻ってくるケース」

この場合は、「定期借家契約」という期間限定の賃貸契約を結ぶことをお勧めします。契約期間を過ぎたら更新はしないという契約ですので、自宅を離れる期間がある程度決まっている方の賃貸化にはお勧めです。契約期間が終了すれば、自宅は戻ってくるので、また住むことができます。帰ってきた時に入居者がまだ住んでいて、自分は住むことができない・・・という悲惨なケースに陥ることもないでしょう。

「もう自宅に戻る予定がないケース」

この場合は「普通借家契約」を結ぶことをお勧めします。この契約は一般的に2年契約となっており、契約期間満了時は都度更新するようになります。普通借家契約から定期借家契約への切り替えは、原則できない決まりになっていますので、本当に帰ってくる予定がない確信を得た上で、契約に臨むことをお勧めします。

 

自宅の賃貸化によるメリットとデメリットとは?

「自宅を賃貸に出す」ということは、メリットとデメリットの両方を有しています。そのため、状況によっては貸さない方が良い場合もありますので、しっかりと事前確認を行い、本当に賃貸化しても大丈夫なのかということをよく考える必要があります。

 

自宅を賃貸化するメリット

  • 家賃収入を得ることができ、資産を保有し続けることができる
  • 家賃収入が入ることで住宅ローンの返済に充てることができる
  • 定期借家契約の場合、将来その家に戻ることが可能
  • 設備や仕様、管理などがしっかりしていれば、入居者応募の期待が持てる

 

自宅を賃貸化するデメリット

  • 空室期間が生じた場合、家賃収入がない
  • 家賃滞納やゴミの散乱、部屋の劣化など入居者とトラブルが起きる可能性がある
  • 借主が変わった際も、敷金の返却や清掃代、水回りやエアコンの修繕費などがかかる(入居者の入れ替えは1・2カ月ほどかかる場合があり、その間の家賃収入はない)
  • 建物の設備などの故障が起きた時、修繕費がかかる

 

売却も視野に入れてみて

自宅の賃貸化には、うまくいけば家賃収入を得られる一方で、背負うリスクも大きいことが分かりました。転勤や転職など、様々な事情で自宅を離れなくてはならない時、将来のことを考えて売却も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

今後の人生設計が大切

自宅を賃貸に出す=先が読めなくてはいけません。つまり、今後の人生設計を立てられているかどうかが大切なのです。例えば、結婚や出産を機に住み替えを考えているというのであれば、再びそこに住むというケースは稀でしょう。このように空き家(もしくは空室)にする期間が決まっていない、または戻る予定がない場合には賃貸よりも売却の方が、背負うリスクも少なく安心です。

 

ライブイノベーションにご相談ください

いかがでしたか?「不動産会社に相談したら賃貸化を勧められた」という方もいらっしゃるかもしれません。しかし、空室となっている物件が多く見受けられる現状も事実。売却して身軽になった方がいいという場合もあります。実際、弊社にて売却に成功したお客様から嬉しいお声も寄せられています。

【売買】ご自宅を売却されたO様 60代 男性

【売買】田舎の不動産を売却したM様 50代

【売買】相続した古家を売却したT様 70代

「どうすべきか悩んでいる」という方、ぜひライブイノベーションへご相談ください。ライブイノベーションでは相談料・査定料は頂いておりません。また、売却はもちろん、住宅購入等のご相談にも応じています。まずはお問い合わせください。

 

————————————————————————————————

株式会社ライブイノベーション
担当:松野
TEL 087-802-3386
Mail info@live-in.co.jp

————————————————————————————————

売却相談、売却査定、不動産についての相談は無料です!!