株式会社ライブイノベーション

087-802-3386

上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

不動産お役立ち情報

家を相場より高く売ることってできるの?

2018.07.25

 

家を売るときによく「相場」って聞くと思います。相場とは、簡単に言えば近隣の不動産の価格帯を指すものですが、相場については以前のブログでも書きましたので、是非チェックしてみてください。

 

相続した不動産の評価とは?

 

不動産を売却する場合、この相場を基準として値段を決めていきますが、この相場より高く売れたり、逆に安く売れることもあります。せっかく売るのであれば、高く売りたいというのが本音ですよね。では、どのようにすれば少しでも高く売れるのかを事例を交えてご紹介します。

 

 

家を売る手順とワンポイントアドバイス

 

まずは売却相談から

売却を検討し始めたなら、まずは不動産屋さんへ相談してみましょう。まだ売ると決めていなくても大丈夫。家を売る流れや注意点、どんな準備をはじめるのかを知らないことには、売却する決断もできないと思いますので、気軽に連絡して相談してみてください。弊社でも、売却相談や売却査定は無料で行っております。

 

売却査定や売り出しに関する注意点などを確認したら、媒介契約を締結して売却活動がスタートします。媒介契約とは販売する不動産屋さんと、その住宅をいつからいくらで売るかを書面にしたものです。この書類は必ずやり取りしなければいけないものですが、まれに書面を交わすことなく進める業者もいるので注意が必要です。

 

 

家を売り出す時に注意すること

売却活動をスタートすると、住宅の購入を検討している人達が家を見にきます。その際には下記の点に注意しましょう。

1 お掃除は家だけでなく、外もやりましょう

2 緑や花、小物を飾って雰囲気を演出しましょう

3 水まわりが古いお家は、事前にリフォームの相談をして、見積りを取りましょう

 

単に掃除をするだけでなく、商品として見栄えを良くすることを意識しましょう。リフォームの見積りを取るのは、購入希望者に購入後どれぐらいの費用がかかるのかを知ってもらうからです。購入後にリフォームにいくらかかるのかが分からなければ、買う決断をすることは難しいので、トータルの予算を把握してもらうためにも見積りを取ることをお勧めします。

 

この一手間があるだけで、売却価格の値下げを抑えることにも繋がります。

 

契約から引渡しまでの流れ

無事に契約が決まっても一段落している暇はありません!引渡しに向けてお引越しの準備をしたり、場合によっては境界確認や借入が残っている場合は銀行へ話をしにいかないといけません。契約して安心することなく、最終的な引渡しまで気を抜かずに売主さんとしてのやるべきことを進めていきましょう。

 

ここで何か滞ったら、ここまでの苦労が水の泡です。価格の値下げに発展するケースもありますので、安心せずひとつずつ解決していきましょう。

 

 

 

家を売る場合の注意点は?

家を売る時の注意点は数え上げればキリがありませんが、全般的に大きなトラブルに繋がりやすい事例をご紹介します。

 

どれぐらい費用がかかるのかを知っておこう!

よく売却価格=手取額と思っている方がいらっしゃいますが、それは大きな間違いです!家を売るのには色々な諸経費がかかります。なぜなら、色々な人達に手伝ってもらわないと簡単に家は売れないからです。代表的なものを下記に挙げました。

登記費用  物件や借入額、登記名義人や諸事情によって金額が変わりますが、必ず必要になります。

仲介報酬  物件販売価格に対して決められた上限がありますが、高額なものなので、確認が必要です。

境界確認費 主にお隣さんとの土地の境界を明示する費用です。場合によっては高額になる可能性があるので注意しましょう。

荷物撤去費 室内の荷物を撤去する際に業者へ依頼する費用です。早めの見積りがお勧めです。

借入返済費 借入を一括で返済する場合に必要になる費用です。高額の場合もあるので、確認が必要です。

相続関係費 相続した不動産を売る場合、名義変更等が必要になります。その際の費用です。

解体費   住宅を解体して更地にして引き渡す場合の費用です。これも高額になりますので、早めの確認が必要です。

 

その他にも物件によっては発生する費用がありますので、どんな費用がかかってくるのかをしっかりと確認しましょう。希望金額で売却できた、と喜んでいるだけではいけません。支出の確認とそれを抑えることも必要です。

 

引越しのタイミングは急にくることも!

先ほどの流れでも紹介しましたが、契約が決まったら買主さんはなるべく早く住みたいと思います。念願のマイホームを手に入れたわけですから、早く引越ししたいと思いますよね。そのため、売却を決めたら売主さんはすぐに引越しできる準備をしていかないといけません。

いつ住むことができるかわからない状態では、買う側も安心して契約できませんし、引渡しを伸ばすようなことがあれば、違約金を取られるなんてことも。売却を決めたら、引越しについての準備も必須です。

 

 

どの状態で引き渡すのか要確認!

売り出しを始めた時に住んでいるままを見てもらうと、「あのエアコンよかったら置いておいてください」とか、「リビングのカーテン残してください」なんていう話がでることがあります。もちろん、その逆に捨ててくださいもあります。これを忘れて引渡した時に買主さんの希望と違う状態になった時にトラブルになることがあります。

 

この点は不動産業者に確認をして、契約までにどの状態にして引き渡せばいいのかを、書面などで確認しておきましょう。引渡した後に問題が起きることほど、面倒なことはありません。金額以上にテンションが下がります。

こんな問題が起きないように、不動産業者はネームバリューや老舗だからといった理由で選ぶのではなく、最初の売却相談の時から親身になって話を聞いてくれる、安心できる担当者をしっかりと選びましょう。

 

少しでも高く売れる方法ってあるの?

 

せっかく家を売却するんですから、少しでも高く売りたいと思うのが本音だと思います。事情によっては早く売ることや、色々な問題の解決を優先されることもありますが、できれば高く売って手残りが多いに越したことはありませんよね。少しでも高く売るために色々な方法がありますが、ここではその一部をご紹介します。

 

 

商品を見栄え良くしましょう

先ほども少し説明しましたが、ご自宅を売り出した瞬間からそのお家はすでに「商品」になっています。車屋さんの車や服屋さんの服と同じ「商品」です。それなら少しでも見栄え良くしなければいけませんよね。少し事例をご紹介します。

 

不要な荷物はドンドン捨てて、シンプルで整理されたお部屋作りにしましょう

お部屋の荷物を単にクローゼットに入れるだけではダメ。そこも見られますから、余計に印象が悪くなる場合があります。この際不要なものは捨ててしまい、整理整頓していきましょう。ここでの片付けは、引越しを楽にすることにも繋がります。

 

明るく清潔感のあるお家に

暗くジメジメしたお家は印象がとてもよくありません。どうしても陽当たりが悪かったり、湿度が高いお部屋もあると思いますが、照明器具の設置や植物を置く、乾燥機などを設置して湿度を調節するなど、見る側に配慮しましょう。このちょっとした事でも、購入者にとっては好印象に繋がります。

 

悪い点はあえてハッキリ伝える!

高く売りたいのであれば、いい事だけを伝えたいと思いがちですが、それだけでは購入者は色々と粗探しをすることもありますどの家にも悪い点はあると思います。先程の室内が暗い点や湿度が高いなどといったことですが、「これを逆にこうして使っています」と説明するだけで、購入希望者が売主さんに対するイメージはグッと良くなります。

リフォームの見積りを取るのも、購入者に安心してもらいたいから行うことなので、包み隠さずストレートに伝えましょう。

 

信頼できるパートナーを

最終的には、どんなパートナーと進めていくのかがとても重要です。例えば、売却査定の根拠がハッキリ言えるかどうか、売却後にどんな生活をするか相談に乗ってくれるのか、税金面や細かな対応を親身になってしてくれるのか、このような事がとても重要です。

歴史がある業者だから、ネームバリューや広告宣伝だけに目をやるのではなく、任せてよかったと言えるパートナーをしっかりと選びましょう。

 

いかがでしたでしょうか。一般的には「専門外だから」と不動産業者に任せっきりで何もしない売主さんがとても多いですが、ご自身の家は一番売主さんが知っていますから、その良さをしっかり出さないと高く売ることはできません。任せるだけでなく意見を出し合いながらより高い値段、より良い条件で売却活動ができるよう話し合って進めていきましょう。

 

 

 

株式会社ライブイノベーション

担当:松野

TEL:087−802−3386

Mail:info@live-in.co.jp

売却相談、売却査定、不動産についての相談は無料です!!