株式会社ライブイノベーション

087-802-3386

上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

不動産お役立ち情報

マンション住み替えるなら今でしょ!?

2018.10.04

「今住んでいるマンションが古くなってきた・・・」「家族構成が変わった」「昔に組んだローンのままだから金利を安くしたい!」など、様々な理由でマンションの住み替えをご検討されている方は必見です。ベストなタイミングは、増税前の今かもしれませんよ!

 

 

 

住み替えるなら増税前の今がチャンス!

消費税率10%への引き上げが、平成31年(2019年)10月1日より施行される予定です。私たちの生活では、同時に導入される軽減税率もかかわってきますが、ここではマンションの住み替えにあたって支払額に大きく影響する消費税などについて整理しておきます。

 

来年にも消費税は10%に!

住宅は高額商品のため、税率引き上げに伴う、売却時・購入時の負担が資金計画にも大きな影響を及ぼします。検討の開始から引き渡しまでに数ヶ月程度はかかるでしょう。近い将来住宅の売却・購入を考えている方は、消費税率引き上げのスケジュールを踏まえ、早めに検討をスタートすることをオススメします。

 

2000万円で33万円も高い!?

消費税が課税されるのは、不動産のうち「建物」にかかる価格。「土地」部分については、消費税は課税されません。また、新築でも中古でも「課税事業者」が保有している物件であれば、消費税の課税対象となります。

消費税の影響ですが、仮に建物部分の価格が2,000万円の住宅を購入した場合、課税される金額は、増税前と後で次のように変わってきます。仮に2,000万円に対して8%と10%の消費税がかかったとすると、

2,000万円×消費税8%=約148万円
2,000万円×消費税10%=約181万円

増税前と後で課税対象金額が33万円も変わってくるから驚きです。この影響は、売買価格が高額な物件になればなるほど大きくなります。

 

引っ越し費用も今だったらお得!!

大きく増税の影響を受けるものの1つに「引っ越し費用」があります。家具・家電・カーテンや食器などの買い替え、家電・素材ごみなどの廃棄・不用品の処分費用などにも消費税が掛かります。また、売却のためのハウスクリーニング、新居が賃貸の場合、敷金・礼金・仲介手数料にも消費税がかかるので、増税後は注意が必要です。

 

 

住宅ローンが借りやすい今こそが住み替え時

史上空前の低金利といわれている時代。住宅ローン金利が固定型・変動型ともに過去最大級にまで低下しました。上手な借り換えで、人生で最も大きな負担である住宅ローンの返済額を減らせるかもしれません。

 

住宅ローンの金利が安い

現在、住宅ローンの金利は超低金利水準といっても過言ではありません。住宅ローン金利がいまの水準となったのは2016年からですので、それより前にローンを組まれた方は、借り換えによっていまよりも返済金額を減らせる可能性が高いです。また、住宅ローンには変動型と固定型がありますが、低金利水準の現在は、固定型を選ぶほうが有利だと言われています。

 

不動産投資が厳しくなり追い風に!?

少し前にマスコミによく取り上げられていた「某S銀行」の不動産投資に対する融資の問題に関するニュースはご存知でしょうか?そのニュースが公になって以降、不動産投資に対する融資の基準が厳しくなりました。その影響を受けてか、一部の銀行では住宅ローンに力を入れるようになったようです。(あくまで銀行担当者談です)そんな今だからこそ、借り換えの絶好のチャンス!ぜひこの機会に、住宅ローンの支払いを見直してみませんか?

 

ローンの借り換えでお得になるかも

住宅ローンの借り換えポイントは、諸々のコストを含めたトータルの支払額を比較することです。借り換えない場合の今後の総支払額と、借り換えた後の総支払額と事務手数料・保証料の差額・団信費用・収入印紙代・登録免許税・登記費用などのトータルコストを比較します。一般的には金利差が1%以上あり、ローン残高が1000万円以上残っていて、残りの返済期間が10年以上あると、借り換えがお得と言われています。(融資の状況によって異なります)

 

駆け込みが多いから売りやすい!

増税前に予想される、駆け込みでの物件購入。買い手側の心理からすると、少しでも安く購入したいと思うはずです。

 

ニーズが多いから売りやすい

中古マンションの購買自体には消費税が課税されませんが(一部例外もあります)、新たな部屋で家電や家具など様々なものを買いそろえなければいけません。上記でも説明したとおり、家電・家具や引っ越し費用には、消費税が発生します。買主側からすると大きな出費となり、かなりの痛手です。増税後は、買主側のこれらの購入意欲が薄れ「駆け込み需要」が発生し、「通常よりも住宅を売りやすい環境」となることが予想されます。

 

お互い費用が安く済む!

マンションの売買には、一般的に不動産会社に対して仲介手数料を支払うという決まりがあります。これは売主・買主の双方に対して言えることです。

(売買価格×仲介手数料(基本的に3%)+6万円)×消費税が、仲介手数料になるのですが、ここにかかる消費税は、増税となれば10%が適用されます。

(5,000万円 × 3% + 6万円)× 消費税8%=168.48万円
(5,000万円 × 3% + 6万円)× 消費税10%=171.6万円

消費税の増税によって、仲介手数料が3万1,200円値上がりとなります。それだけでなく、印紙代・登記費用・物件の修繕費用・引っ越し費用などもプラスされるのです。

増税前の契約だと余計な出費が抑えられ、お互いに気持ちのいい取引ができることでしょう。

相談・査定は無料なのでお早めに!

ライブイノベーションでは売却相談・査定を無料で行っております。「具体的に決めてはいないけど、ちょっと相談してみようかな」くらいの気軽な気持ちでかまいません。ぜひ一度お問い合わせください。

 

株式会社ライブイノベーション

担当:松野

TEL:087−802−3386

Mail:info@live-in.co.jp

 

売却相談、売却査定、不動産についての相談は無料です!!